医師にお願いしよう


アートメイクというと、化粧法のように思われがちですから、エステサロンや美容サロンで受けられそうですが、これは医療行為とされていますから、クリニックで医師または看護師によって行なわれるべきなものです。このあたりは、誤解しないようにしましょう。実際、クリニックではないところで施術を受けたことによるトラブル例は数々あるのです。

実は元々はアートメイクの基準があいまいでサロンで受けることが主流だったことがありましたが、その結果、トラブルが続出したのです。主なものとして、化膿(針や良くない薬剤によるもの)、アイラインによる角膜損傷、痛みや腫れ、アイラインの位置等があります。こういったことから2001年厚生労働省がクリニックで医師または看護師が施術を行うようにという基準を定めたのです。

このようなトラブル回避のために、また何かあった時にすぐに対応してもらえるといった利点のためにも、アートメイクの施術は医師にお願いしましょう。皮膚に色素や針を入れるという医療行為ですから、医療方面での対応が安心という事ですし、クリニックであればFDA認可薬剤を使いますから、薬剤においても安心できるでしょう。アートメイクをお考えの方は信頼できるクリニックを探すことをお勧めいたします。