医療行為とは


アートメイクにおける医療行為について、ご説明致しましょう。アートメイクの施術をご希望される皆様は、ご参考になさってください。

アートメイクとは針を使って、人の皮膚に色素を入れます。これは立派な医療行為なのです。日本では、厚生労働省により、「アートメイクは医療行為である」と定められていますし、その行為を行う施設はクリニックである事と同時に施術者は医師または看護師でなければならないとされています。もし、医療の知識のない者がアートメイクを行った場合、副作用等のリスクを伴うからです。実際、エステサロン等でのトラブルは続出しているようですから、これからアートメイクを受けてみたいと思う方はお気をつけ下さい。アートメイクの施術は、訓練を受けた医師や看護師にお願いすべきでしょう。

クリニックでは安全とされるFDA認可薬剤を使います。それでも、肌に合わないなど、トラブルが起こった場合も医師が素早い対応をしてくれるでしょうから、軽いトラブルで済む可能性が高いでしょう。それに比べ、エステサロン等では薬剤によるトラブルがあっても素早い対応はできませんから、化膿してしまってから皮膚科で見てもらうという事になりかねないのです。やはり、アートメイクは医療行為であるということを考え、クリニックに行くべきでしょう。